理美容福祉専門士資格習得課程
通信教育(自宅学習)~【講義】【実技】スクーリングまでの流れ 
テキスト教材科目
■社会保障 ■訪問理美容の衛生管理と基礎知識
 ・社会保険、・社会福祉、・公的扶助、・保険医療、・公衆衛生 ■衛生マニュアル(施設、在宅訪問マニュアル)
■職業倫理・理念と意義、訪問理美容の現状 ■高齢者マニュアル
■理・美容師法、守秘義務、個人情報 ■心身への知識と理解・利用者・介護者への心得
■訪問理美容の将来性 ■高齢者の心理的特性・高齢福祉と心のケア
■理美容福祉専門士とは、ノ-マライゼ-ションの理念 ■死生観1
■教育と学問 ■死生観2
■理美容福祉と介護・医療の基礎知識 ■ケアについて
■感染と感染症,感染源と感染経路 ■心身障害について
■感染症,感染経路と対策 ■その他の障害の種類
■消毒法の基本 ■苦情と対応と対策
■障害と疾病への理解 ■理美容師の施術対策、質の改善と向上
■高齢者の障害と疾病
■特定疾病(1)
■特定疾病(2)
講義(スクーリング)科目
■理容師法、美容師法とは 日本の高齢者人口の推移/障害の種
■公衆衛生 ■総括:訪問マニアル
■消毒法(各用具の消毒、細菌・ウィルスの感染経路/症状/対策) ■個人情報と守秘義務
■スタンダードプリコーション(国際標準予防策)
■特定疾病(認知症、骨粗鬆症、パーキンソン)など16種症状と対策 ■福祉先進国と日本の訪問理美容を学ぶ(ビデオ鑑賞)
■労働災害の防止と対応 ■知的障害者の方への実践施術(ビデオ鑑賞)
実技(スクーリング)科目
■スタンダードプリコーション(感染予防の対策) ■ベッド上の施術方法
■高齢者、障害者の誘導 ■車椅子での施術方法
■車椅子の機能と作動(運行と段差)技能
■ベッド~車椅子/車椅子~ベッドへの介助(移乗)方法 ■理美容福祉専門士への道(ビデオ鑑賞)
養成講座日程 養成講座内容 お申込み